仕事と育児カムバック支援サイト | よくある質問

よくある質問

職場復帰

Q4 子どもの病気で休まなくてはならないことが心配ですが、どのような制度がありますか。
A4   子どもが病気やけがの際に休暇を取得しやすくし、子育てをしながら働き続けることができるようにするために、子の看護休暇制度があります。小学校就学前の子どもを育てる従業員は、事業主に申し出ることにより、小学校就学前の子どもが1人の場合は1年度に5日まで、2人以上の場合には10日まで、1日又は半日単位(所定労働時間の2分の1)で取ることができます。怪我をしたり病気にかかった子どもの世話をするときや予防のための予防接種や健康診断を受けさせるときに利用できます。
  • 配偶者が専業主婦(夫)であっても利用できます。
  • 期間を定めて雇用されている従業員でも利用できます。
  • 日々雇用される従業員は対象となりません。
  • 勤続年数6か月未満の従業員、週の所定労働時間が2日以下の従業員は、この看護休暇を利用することができないとする労使協定がある場合、対象となりません。
  • 半日単位休暇については、所定労働時間が4時間以下の方、または業務の性質上、半日単位の取得が困難とされる方(労使協定がある場合)は対象となりません。
一覧へ戻る