仕事と育児カムバック支援サイト | よくある質問

よくある質問

再就職

Q6 就職活動に役立つ情報がほしいのですが、どこで入手できますか。
A6  ハローワークにて職業相談、職業紹介を受けられます。特に、子育て中の女性等を対象にしたマザーズハローワーク・マザーズコーナーでは、子ども連れでも利用しやすい環境が整っており、きめ細かな就職支援サービスが受けられます。
Q マザーズハローワーク、マザーズコーナーは、具体的にはどのようなところでしょうか。
A  子育て中の女性等を対象にした専門相談窓口として就職支援サービスを行っています。
 担当者制・予約制によるきめ細やかな職業相談、職業紹介が受けられ、また、再就職に必要な各種セミナーを実施しています。
 また、これら相談を受けている時やセミナー受講中の子どもの一時預かりなどを行っているところもあり、子育て中の就職活動者に利用しやすい環境が整っています。利用料金等は一切無料です。
Q マザーズハローワーク、マザーズコーナーはどこにありますか。
A  マザーズハローワークは、全国に20か所あります。マザーズコーナーは、マザーズハローワークがない県庁所在地等の都市にあるハローワーク内にあり、全国に160か所設置されています(2014年9月1日現在)。詳しい所在地は厚生労働省の「マザーズハローワーク・マザーズコーナー」のページに掲載されています。
Q ある会社の求人情報に、社員の子育て支援について、
「法律よりも充実した制度を導入しています」とありました。
これは、どのようなことでしょうか。
A  法律では、子供の年齢や、制度を利用できる期間、制度を利用できる雇用形態に条件を設けていますが、会社によっては、条件を緩和してより広く制度を利用できるようにしています。例えば、育児のための勤務時間の短縮措置は、法律では3歳未満の子としていますが、これを小学校就学前まで可能としたり、子の看護休暇制度を、半日単位、時間単位で取得できるなど、柔軟な形でこれらの制度を運用している会社もあります。こうした取組は、法律よりも充実した制度といえますので、会社の規則を確認してみましょう。
Q 仕事と家庭の両立のために、会社はどのような取り組みを行っているのでしょうか。
A  会社の具体的な取り組みを知るためには、Q4でもご紹介していますが、厚生労働省から発表されている事例集などで知ることができます。  また、上記以外でも、都道府県や市区町村など自治体ごとに、仕事と家庭の両立支援を推奨しており、好取組事例の公表、両立支援に取り組んでいる企業を表彰している自治体もあります。ご関心ある自治体のホームページ等も合わせてご参照ください。
一覧へ戻る